猛獣塾とは?

外資系グローバル企業2社(P&G、Philip Morris)で30年間、セールス&マーケティング及び組織開発分野の最前線を陣頭指揮し、
自ら開発した各種トレーニングプログラムを駆使して、1000名を超える部下育成を行ってきた猛獣塾 塾頭 西田浩史。
彼を中心に集まった業界OBの仲間達(外資及び日系大企業元経営幹部等)が、
「今後日本のビジネスを支えていく志ある若者たちの学びを支援する為に、
我々の持つ知見・経験を彼らに生々しく伝えていける場を作りたい」

という思いから発足したプロジェクト。それが「猛獣塾」プロジェクトです。

猛獣塾トレーニングプログラムの特徴

猛獣塾の各種トレーニングプログラムは、外資系大企業で部下・組織育成の際に、塾頭が、長年にわたって
実際に使用して来た指導内容をベースに、日本人組織で働く受講生向けに、「より分かり易くかつ生々しく」
吟味・再構成・再体系化したものです。

MBAの講義やビジネス書籍等を通じ、皆さんは様々な理論やスキルを学ばれていると思います。
しかし、皆さんは、実際のビジネス現場で学びを活用できていますか?
猛獣塾のプログラムは、全ての受講生が、研修終了時には、様々な理論やスキルを
「頭で理解しているだけでなく、実践に活用できるレベル(=腹落ち理解)に到達」
できるよう、体系的に設計されています。

そして、実際の講義では、大企業のしがらみから解き放たれた塾頭や百戦錬磨の企業OB講師陣が、
自身の豊富な実践経験(成功談・失敗談・㊙ビジネス裏話等)を交えて、生々しく熱血指導を行います。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421 - 猛獣塾とは?

「MBAでは教えない/目からウロコ/学者からは学べない」って?

皆さんは、ビジネスの現場で「結論から先に!」という言葉を耳にされた事がよくあると思います。
ロジカルシンキングやメモライティングなどのセミナーあるいはノウハウ本で必ず伝えられている事が、
この「結論から先に!」というコンセプトです。
これは、ビジネスコミュニケーションを簡潔化するのに極めて有効で、私が30年間勤務した外資系企業では、
新入社員で最初に叩き込まれるのがこの考え方でしたし、MBAでプレゼンテーションやレポートを作成する際にも
必ず指導されるポイントです。この方法でビジネスコミュニケーションが出来ない限り、一流のビジネスマンとしては…

“チョっと待った!”
「結論から先に!」は、全てのビジネスシチュエーションで万能の方法ではありません。
「むしろ逆効果の最悪のコミュニケーションとなる事がある!」と猛獣塾では学びます。

この他にも、ビジネス学者やコンサルタントの先生方によって、常識・定石のビジネス理論として、セミナーや出版を通じて、
皆さんに伝えられている事のいくつかは、実は長年ビジネス現場を担当し部下を指導してきた我々にとっては
「首をかしげる」内容である事が多々あります。猛獣塾では、様々な常識・定石のビジネス理論を、机上の論としてでは無く、
皆さんが、腹に落して
明日からのビジネス現場に役立てて頂ける様、あえて逆説的な表現で、生々しい事例と共に
皆さんにお伝えしています。

多くの受講生が、猛獣塾を「目からウロコ」のセミナーと評価している理由はこの辺りにあるのかもしれません。

こんなお悩みを持つ方が“猛獣塾”を受講されています。

こんなお悩みを持つ方が“猛獣塾”を受講されています。

 

受講生の声

  • 衝撃的に分かりやすかったです!
  • 今までに参加したセミナーの中で一番内容があり質の高いセミナーでした。
  • 非常にタメになる体系的・理論的な内容ばかりで驚きの連続でした。
  • 今まで「何となく」進めていた部分が、この研修で体系化されていくのを痛切に感じてます。
  • 実際に現場で活躍されていた方の生の声で講義が進められるので、全く不信感無く学ぶ事が出来ました。
  • メモを取る必要も無い為、話に集中でき、あっという間のセミナーでした。
  • 「配布資料は読む人の事を考えて作れ!」 講義中メモ不要の意味を実感しました。
  • 猛獣塾の各種用語を、社内の共通言語として浸透させていきたいと思っています。
  • ハンマーセリング、早速先日の商談で使用しました。以前の商談の時と比較して、「実は~なんです」と言ったここだけの話を多く引き出すことができました。

過去開催の様子(受講生のコメント)

[videojs mp4="https://mouju.jp/201512052.mp4"]

Return Top