3月開催時のフィードバックシートから

54210450 467373570467368 3104034952866430976 n - FBシート集計2019年3月開催

セミナー内容の質
70%の方が大変満足、20%の方が満足

セミナー全体の時間および時間配分は?
40%の方が大変満足、40%の方が満足

セミナー資料・パワーポイントの内容は?
50%の方が大変満足、30%の方が満足

講師の説明は分かりやすかったですか?
80%の方が大変満足、20%の方が満足

猛獣塾2019説明(塾頭西田略歴、30年の学び、受講の仕方等)
60%の方が大変満足、30%の方が満足

“演繹法vs帰納法”(講義)
70%の方が大変満足、20%の方が満足

ワークショップ(演繹法vs帰納法の違いを体感)
70%の方が大変満足、20%の方が満足

猛獣塾入門講座まとめ(腹落ち一枚シート)
70%の方が大変満足、20%の方が満足

参加者からのコメント

演繹法(欧米型)・帰納法(日本人型)の考え方(日本語と英語の文法の違いから)は 外国人とのコミュニケーションの違いが明確に腹落ちした 特に日本語のズルさ については自身も心当たりのある現象であった フルーツ分類法については なにか違う切り口の表現方法を期待する 組織を機能させる3+1のポイントも解りやすく腹落ちの連続であった 西田塾頭の受講生の理解力・応用力を伺いながら 繰り出される引き出しの多さを拝察し 都度、内容が違う入門講座のバリエーションがあると推測し違うセミナーにも大いに期待を感じた また機会があれば 前のめりで参加したいと思います ありがとうございました

 

帰納法・演繹法についての重要性について、「なるほど~」と気付かされることが多かったです。
解説も分かりやすく、翌日からすぐに実践できる内容でした。
しかしながら、2時間で学んだことが「帰納法・演繹法」のみだったことに、物足りなさを感じています。
今までの体験談からくる教えや理論をもっとたくさん知りたかったです。

 

演繹法と帰納法、日本人には帰納法アプローチの方が受け入れてもらいやすいことを教えていただき、さっそく実践してみたところ、本当に効果的でした。
後でその相手にタネ明かしをしても帰納法の方が納得感があると言っていました。
上司には結論が先の演繹法、部下には自分で想像させる帰納法、と使い分けるのも大事ですね。